バイクでの坂道の通過

バイクで坂道を走るためには、一般道路と同じ様に、安定した姿勢と速度での走行がポイントとなります。こう配にあった速度やギアを選べるようになり、スムーズに通り過ぎることができるようになりましょう。坂道では、こう配にあったギアをチョイスしなければなりません。上り坂では大きな動力が必要なので、アクセルを多めに回して力強く上ります。下り坂では加速がつきやすいので、エンジンブレーキをうまく使って下りましょう。
上りと下りのこう配が同じで一緒の速度で走行する場合は、上るときと同じ低速ギアを使うとよいでしょう。

それでは、坂道を通り過ぎる時の手順を見ていきます。平地のうちに、こう配に合わせてギアチェンジをしておきます。坂道に入るとアクセルを多めに回して上る勢いをつけます(勢いがつかなかったら早いうちに減速チェンジをします)。上り坂の頂上付近は、徐行場所。アクセルを戻して徐行します。下り坂に入ると上り坂で使用したギアで下るとよいでしょう。低速ギアのエンジンブレーキを使ってゆっくりと下っていきます。速度が速くなるような場合は、1段低いギアにチェンジします。必要に応じて前後輪のブレーキを使用します。上りと下りのこう配が一緒でほぼ同じ速度で坂道を通り過ぎる場合は、上りと一緒のギアで通行します。もし途中で上る勢いがなくなったり速度が出すぎたりする場合は、ギアチェンジをします。下り坂でさらに速度が出すぎる場合は、前輪ブレーキと後輪ブレーキを一緒に使って速度を調節しよう。このケースではあくまでもエンジンブレーキがメインで、前後輪ブレーキは補助的に使うのがポイントです。これは、長い下り坂で前後輪ブレーキを使い続けるとブレーキ装置が加熱してブレーキが効かなくなることがあるからです。

ブレーキの使いかたは、坂道を下るときは、重力の作用により思った以上に速度が増してしまいます。これを防ぐため、エンジンブレーキを使用します。アクセルを戻すことによって生じるエンジンの抵抗を利用し、速度が上がるのを最小限度にくい止めるのがその理由です。それでも速度が増してしまう場合は、1段低いギアにシフトダウンします。前後輪ブレーキは必要に応じて使い、あくまでもエンジンブレーキをメインにして使用しましょう。それでは、坂道を通り過ぎる時のブレーキの使い方を具体的に見ていきます。上り坂の際は、前輪の荷重が少なくなるため後輪ブレーキをメインに使います。頂上では、上り坂で使ったギアを使います。下り坂に入ると速度が出やすいので早いうちにブレーキを使います。下り坂では、エンジンブレーキをメインで使い、前後のブレーキを必要に応じて使います。坂道における重心の移動も大切です。坂道では、運転姿勢を変えて重心を移動し、前後にバランスをとって走行します。上り坂では体重を前にかけ、下り坂では体重を後ろにかけます。これにより前後輪にかかる荷重を均等化し、安定して坂道を通過します。上り坂では、前輪に体重がかかるように腕を曲げ、上体を前に傾けて走行します。下り坂では、後輪に体重がかかるようにして腕を伸ばし、上体を起こして走行します。たち姿勢でのの重心移動は、上り坂では、両手でハンドルを引きつけ、ひざや腰を前に移動して走行します。下り坂では、両手でハンドルを前方に押し、きざや腰を後方へ移動して走行します。次は、坂道における停止および発進についてです。坂道での停止や発進はバランスが崩れやすいポイントです。ここでは上り坂および下り坂での停止や発進が安全かつスムーズにできるようにしましょう。上り坂で停止するときは、平地に比べて速度が落ちやすいので、ブレーキは弱めにかけます。このとき、後輪ブレーキをメインに、前輪ブレーキは補助的に使います。停止中は、ブレーキを離すと後退してしまうので前後輪ブレーキをきちんとかけておきましょう。

手順としては、アクセルを戻し、後輪ブレーキをメインに使い、前輪ブレーキは、補助で使います。平地より弱めにブレーキをかけます。クラッチを早いうちに切り、ローギアに入れます。目標似あわせて静かに止まります。停止中は、後ろに下がらないように前輪ブレーキを強くかけます。上り坂では停止線手前で停止しがち。クラッチを早いうちに切り、自然に速度を落とすとよいでしょう。下り坂で停止するときは、平地に比べて速度か落ちにくいのでブレーキを早いうちにかけます。このとき前輪ブレーキをメインに、後輪ブレーキは補助的に使います。停止中はブレーキを離すと前進してしまうので、前後輪ブレーキをきちんとかけておきましょう。手順としては、アクセルを戻し、平地よりも早いうちにブレーキをかけます。この時前輪ブレーキを強めに後輪ブレーキを弱めに掛けます。クラッチを切りローギアにいれます。目標に合わせて静かにとまります。停止中は、前進しないように前後のブレーキを強くかけます。下り坂では停止線を越えて停止しかち。ブレーキを早いうちにかけ、少し手前で停止するイメージでブレーキをかけましょう。上り坂での発進では、重力の作用により平地よりも多めの動力がポイントとなります。半クラを長めに使ってスムーズに発進しましょう。また、発進するとき後退しないように、直前まで後輪ブレーキを使って車体を止めておきましょう。

手順としては、まずローギアになっているか確認します。後方の安全を確認します。逆行しないように後輪ブレーキを強く踏み、前輪ブレーキを離します。アクセルグ、リップを回し、エンジンの回転数を平地よりも多めにあげます。半クラ(エンジン音が変わります)にして、その状態を保ちます。少しづつ後輪ブレーキをゆるめ、さらにエンジンの回転数を上げクラッチをつなぎます。発進したら左足をステップに乗せます。クラッチが完全につながったら更にアクセルを回して加速します。下り坂での発進は、ブレーキをゆるめれば自然に発進してしまいます。この惰力を利用して滑らかに発進しましょう。クラッチをつなぐ時期が早すぎたり遅すぎたりすると円滑な発進ができないので、クラッチをつなぐタイミングを練習しましょう。手順としては、まずローギアになっているか確認します。後方の安全を確認します。前後輪ブレーキをゆるめて惰力で発進します。左足をステップに乗せます。適切な時期に、クラッチをじわりとつなぎます。上り坂でエンストしたら、落ち着いて前後輪ブレーキをかけてやり直します。下り坂でクラッチをつなぎそこねたら、2速ギアに入れてじわりとつなぎます。

カテゴリー: 未分類 | コメントは受け付けていません。

バイクの速度の調節

実際の道路の走行であれば
その場の状況に合わせた速度の調整が求められます。
ここでは円滑な加減速かつ意識した速度を保つことが
出来るようになるためのやり方をまとめていきます。

加速・減速チェンジの変速ギアには、
各々の速度に見合った守備範囲があります。
走行中のエンジンの音や速度感覚から考えて、
状況に応じた的確な加速・減速チェンジを求められます。

変速チェンジをする速度のめやすとして、
1速が0から15km/h。
2速が10から25km/h。
3速が20から35km/h。
4速が30から50km/h。
5速が45km/h以上です。

大体で問題ないのですが
加速チェンジのタイミングが悪いと
速度を十分上げることができず車の流れに乗れません。

また速度に見合った適切なギアでなければ
ノッキングやエンストを起こしてしまうこともあります。
減速チェンジの時期もその場に応じてやりましょう。
減速チェンジの気をつける点としては、
高速走行中、いっきに減速チェンジをすると、
エンジンの回転数が上がりすぎてエンジンが故障する恐れがあります。

また、カーブを曲がりながら急激に減速チェンジをすると、
後輪がロックして転倒する恐れがあります。
減速チェンジのタイミングが遅いと、
ノッキングやエンストをしてしまう可能性があります。

また、減速チェンジのタイミングが早いと、
急激なエンジンブレーキがかかってしまいます。
減速チェンジは、1段ずつ順番に下のギアに切り替えるのが基本ですが
速度を落としすぎてシフトダウンが間に合わないケースでは、
途中のギアを飛びこして一気に下げるケースがあります。

カテゴリー: 未分類 | コメントは受け付けていません。

エンジンがかからない場合の対処法

何ヶ月も乗ってない場合ではなく、
ちょっと前まで問題なかったのに
急にエンジンがかなくなった場合は、
まず安全装置の確認してみましょう。

キルスイッチがONになっているかです。
自分でオフにしたつもりがなくても、
いたずらやヘルメットが当たってオフになることがあります。

次にサイドスタンドが
ちゃんと上がっているか確認しましょう。
スタンドが出ているとセルが回りません。

次にクラッチレバーをちゃんと握っているか確認しましょう。
ギアが入っているとクラッチをしっかり握らないとセルが回りません。

次にギアがニュートラルになっているか確認しましょう。
インジケータのランプがNになってるだけではなく、
バイクを押してみてギアがちゃんと
ニュートラルになっているか確認しましょう。

ここまで確認してまだかからない場合は、
まずセルが回るか回らないか確認しましょう。

セルが回る場合は、燃料がなくなっている場合があります。
キャップ開けて燃料があるか確認しましょう。
キャブレター車の場合は、燃料コックがオンになっているか、
また寒い時期ならチョークを引いているか確認しましょう。

セルが回らなかったり、セルの回り方が弱いケースは、
バッテリーがあがってないか確認します。
確認の仕方は、インジケーターやテールランプやウィンカーが点灯するか、
またホーンは大きな音が鳴るかを確認しましょう。
点灯や音が弱い場合は、バッテリーの充電が必要です。

ここまでやってエンジンがかからない場合は、
バイクショップに持っていきましょう。
バイクショップで修理代がかなり高くなる場合は、
バイクを売ってしまうのも一つの方法です。
その場合は、バイク売るコツ
見ておくといいかもしれません。

カテゴリー: 保管 | タグ: | コメントは受け付けていません。