バイクを買うときに車体以外にかかるお金

バイク購入時には、車両本体価格+消費税以外にも諸費用がかかります。
諸費用というのは.
自賠責保険であったり
自動車重量税であったり
登録代行料であったり
整備料であったりします。

またバイクを購入しても、最低ヘルメットが必要ですし
いろいろお金がかかってきます。
購入時に予算を組む時は、そういったものも含めて考えなければいけません。

では実際にどれくらいのお金がかかるか見ていきます。
当然バイクショップによって異なるのであくまでも例としてみてください。
まず最初の例はバイクの排気量が125cc以下のバイクを購入した例です。

車両本体価格 30万円

整備料 1万円
登録代行料 5,000円
自賠責保険2年分 は8,800円
車体以外にかかるお金の合計金額 2万3,800円

次の例はバイクが排気量は、126~250cc以下のバイクを購入した例です。

車両本体価格 50万円

整備料 2万円
登録代行料 1万5,000円
自賠責保険2年分は1万2,000円
車体以外にかかるお金の合計金額 4万7,000円

次の例はバイクが排気量は、251cc以上のバイクを購入した例です。

車両本体価格 100万円

整備料 2万円
登録代行料 1万6,000円
自動車重量税3年分 7,500円
自賠責保険2年分は1万3,400円
車体以外にかかるお金の合計金額 5万6,900円

これにヘルメット代5,000円から4万円
任意保険代1年分 3万円ぐらい
か必要になってきます。

カテゴリー: バイクの購入   タグ:   この投稿のパーマリンク