長期間乗らない場合の保管方法

バイクは長期間ならないと調子が悪くなります。
月に数回乗るなら大丈夫ですが
長期出張や寒い地域などで数ヶ月乗らない状態が続くと
元の状態に回復するのにめんどくさい作業が必要になります。

よって数ヶ月ならないと分かっていればあらかじめ処理をしておきましょう。
長期保管の際には、バッテリーの結線をはずしておきましょう。

つなぎっぱなしの状態にしておくと
微弱な電流が流れてバッテリーが上がってしまいます。

バッテリー本体もバイクから取り外して
室内に保管しておきましょう。

次にタンンク内にサビを発生させないために
タンクを空っぽにしておきましょう。

給油ポンプを使ってガソリンを抜いておきましょう。
キャブレター車の場合は、ガソリンコックをオフの位置にしてから
フロート室のガソリンも抜いておきましょう。
自分でできない場合はバイクショップに依頼するなどの方法を取りましょう。

また長く乗らない場合は、一時抹消の手続きをしておくことも検討しましょう。
これをやらないと毎年軽自動車税を支払うことになります。

そうならないためには、一時抹消の手続きをしておくか
バイクを売却するかしてしまいましょう。

カテゴリー: 保管   タグ: ,   この投稿のパーマリンク