バイクの盗難予防

バイクの盗難予防をしておくことが重要です。
年間15万台以上のバイクが盗難にあっているという事実があります。

最近はプロの窃盗団が外車やビックバイクといった
高価なモデルを狙っています。

周到な準備をして盗みやすそうと判断したら、
専門器具などを持ち込み複数の人数で事を運びます。

プロの窃盗集団に狙われるとハンドルロックだけでは、
あっという間に盗まれてしまいます。

ここでは盗難されないためにやっておいた方が良いポイントを書いていきます。

まずバイクを停める場所ですができるだけ人目に付く場所に止めましょう。
人目につかない場所は窃盗団にとって好都合な場所です。

次にハンドルロックは必ずしましょう。
ハンドルロックをしないと押して動かすことが出来るので
たとえ短時間であってもバイクを離れる場合はハンドルロックをしましょう。

カバーをかけ、ロックも複数使用しましょう。
重要なのは「このバイクを盗もうと思ったら時間がかかるな」
と思わせることです。

一見バイクを見て盗むのに、
手間がかかりそうと思わせることによって盗難される確率が一気に減ります。

書類のコピーをとって自宅に保管しておきましょう。
バイクの書類はバイクの収納の中に入れてるケースが多いです。
バイクを盗まれると書類ごと持っていかれるので警察に盗難届を出す際に困ります。

バイクの盗難予防について詳しくまとめてあるサイトがあるのでバイクの盗難防止を読んでみましょう。

カテゴリー: 保管   タグ: ,   この投稿のパーマリンク