バイクの速度の調節

実際の道路の走行であれば
その場の状況に合わせた速度の調整が求められます。
ここでは円滑な加減速かつ意識した速度を保つことが
出来るようになるためのやり方をまとめていきます。

加速・減速チェンジの変速ギアには、
各々の速度に見合った守備範囲があります。
走行中のエンジンの音や速度感覚から考えて、
状況に応じた的確な加速・減速チェンジを求められます。

変速チェンジをする速度のめやすとして、
1速が0から15km/h。
2速が10から25km/h。
3速が20から35km/h。
4速が30から50km/h。
5速が45km/h以上です。

大体で問題ないのですが
加速チェンジのタイミングが悪いと
速度を十分上げることができず車の流れに乗れません。

また速度に見合った適切なギアでなければ
ノッキングやエンストを起こしてしまうこともあります。
減速チェンジの時期もその場に応じてやりましょう。
減速チェンジの気をつける点としては、
高速走行中、いっきに減速チェンジをすると、
エンジンの回転数が上がりすぎてエンジンが故障する恐れがあります。

また、カーブを曲がりながら急激に減速チェンジをすると、
後輪がロックして転倒する恐れがあります。
減速チェンジのタイミングが遅いと、
ノッキングやエンストをしてしまう可能性があります。

また、減速チェンジのタイミングが早いと、
急激なエンジンブレーキがかかってしまいます。
減速チェンジは、1段ずつ順番に下のギアに切り替えるのが基本ですが
速度を落としすぎてシフトダウンが間に合わないケースでは、
途中のギアを飛びこして一気に下げるケースがあります。

カテゴリー: 未分類   パーマリンク