タンデムのやり方

タンデムとは2人乗りのことですね。
まずタンデムをするための条件として免許を取得してから
1年が経過してないと2人乗りはできません。

さらに2005年4月から高速道路でタンデムが可能になりましたが
高速道路でタンデムをしようと思ったら
年齢が20歳以上で
普通2輪免許または大型2輪免許を取得してから
3年以上経過していないとできません。

また排気量が125cc以上のバイクでないと
高速道路で2人乗りはできません。

あと注意が必要なのは、東京都の首都高速のように
未だに2人乗り禁止区間がある道路もあります。
違反すると反則金が12,000円取られるので注意しましょう。

タンデムをする時、後部座席に乗る人をパッセンジャーといいます。
パッセンジャーが乗車するときは、
両足をきちんとついてバイクを安定させましょう。

パッセンジャーのポジションは、
ライダーにくっつきすぎず、離れすぎずの位置で
ライダーの太ももからお尻の部分をひざでしっかり挟みましょう。
手は、腰に添えましょう。足はタンデムステップに載せましょう。

コーナリングでは、パッセンジャーはライダーの動きに極力合わせましょう。
勝手に逆の方向に体を動かされたりすると
バイクを制御できなくなる危険があります。
ライダーもカーブの手前でしっかり減速して余裕を持ってコーナリングしましょう。

タンデムをするときにライダーは、
常にパッセンジャーのことを気遣うことが重要です。

走行中は会話ができないので
肩を1回叩いたらスピードを落としてほしいとか
2回叩いたら止まってほしいという合図を決めておきましょう。

慣れてないと後部座席に長時間座るのがきついので
休憩も小刻みに取りましょう。

またタンデムになるとペースがゆっくりなるので
予定もツーリングの時より余裕を持った時間設定にしましょう。

カテゴリー: タンデム   タグ:   この投稿のパーマリンク