バイクを買うときに車体以外にかかるお金

バイク購入時には、車両本体価格+消費税以外にも諸費用がかかります。
諸費用というのは.
自賠責保険であったり
自動車重量税であったり
登録代行料であったり
整備料であったりします。

またバイクを購入しても、最低ヘルメットが必要ですし
いろいろお金がかかってきます。
購入時に予算を組む時は、そういったものも含めて考えなければいけません。

では実際にどれくらいのお金がかかるか見ていきます。
当然バイクショップによって異なるのであくまでも例としてみてください。
まず最初の例はバイクの排気量が125cc以下のバイクを購入した例です。

車両本体価格 30万円

整備料 1万円
登録代行料 5,000円
自賠責保険2年分 は8,800円
車体以外にかかるお金の合計金額 2万3,800円

次の例はバイクが排気量は、126~250cc以下のバイクを購入した例です。

車両本体価格 50万円

整備料 2万円
登録代行料 1万5,000円
自賠責保険2年分は1万2,000円
車体以外にかかるお金の合計金額 4万7,000円

次の例はバイクが排気量は、251cc以上のバイクを購入した例です。

車両本体価格 100万円

整備料 2万円
登録代行料 1万6,000円
自動車重量税3年分 7,500円
自賠責保険2年分は1万3,400円
車体以外にかかるお金の合計金額 5万6,900円

これにヘルメット代5,000円から4万円
任意保険代1年分 3万円ぐらい
か必要になってきます。

カテゴリー: バイクの購入 | タグ: | コメントは受け付けていません。

バイクの中古車を購入する時の注意点

新車と比べて中古車のメリットは、価格です。やはり新車ですとなかなか手を出せない価格のバイクありますが数年経つだけで10万円から20万円も価格が下がってることがあります。その他にも生産中止になっているバイクを購入できたりするのも魅力の1つです。しかし、車両の種類や程度もピンキリで初心者には、どのバイクを選んでいいのかわかりません。そこでここでは中古車選びのポイントを説明していきます。

まずはバイクの周りを1周して大きな傷がないか確認しましょう。中古車なので小さな傷はつきものです。しかし大きな傷は、過去に事故を起こしている可能性があり、他の部分にもダメージが残っている可能性子も 十分考えられます。

ディスクローターをチェックしましょう。ディスクブレーキは、ディスクローターにブレーキパッドを押付け、その摩擦によって制動するものです。ディスクローターが消耗しているとブレーキタッチの低下やパッドの片減りの原因にもなります。制動力を確実にするために前後のディスクをチェックしておきましょう。

フロントフォークもチェックしましょう。フロントフォークはフロントタイヤを挟み込んでいる2本の棒のことです。ほとんどの場合、ホイールを固定するだけでなく衝撃吸収のためのサスペンション機能も併せ持っています。このフロントフォークにひどいサビや傷があるとインナーチューブを交換しなくてはいけないケースがあるので注意が必要です。

スイングアームもチェックしましょう。車輪とフレームをつないでいるパーツです。 路面から受けた衝撃は、タイヤ、スイングアームを介してリアサスペンションによって吸収されます。また、カーブを曲がるときに外側に引っ張られる力もスイングアームやフレームがしなることによって吸収しています。要は安定して走るための重要なパーツということです。大きな事故や転倒したりするとスイングアームが曲がってしまうことがあります。ここが曲がるとスムーズな走行もできませんし走行するのもとても危険です。修理するにも高額な修理費が必要となってくるので中古車を購入する場合必ずチェックしておきましょう。

 

タンクもチェックしましょう。タンクのチェックで重要な事は、中を見ることです。外からチェックして傷やへこみがないからといって安心してはいけません。必ずキャップを開けてサビがひどいものは、購入しないようにしましょう。

 

灯火類のチェックもしましょう。前後のライトやウィンカー、メーター周りのインジケーターランプ、これらをスイッチをオンにしてちゃんと点灯するか確認しましょう。ホーンがなるかも確認しましょう。

 

チェーンのチックは、中古車選びで重要なポイントです。錆びたチェーンのバイクを選んでしまうとバイクの性能が発揮できませんし、走行中に突然切れる可能性もあります。定期的に洗浄しオイルを足してやればサビは、防げます。ちゃんとメンテナンスされたバイクを選びましょう。

 

タイヤは、 溝がすり減っているケースやゴムにヒビが入っている場合は避けましょう。タイヤの減り方を見ればどんな乗り方をしていたのか想像できます。

エンジンのチェックポイントは、エンジン周りやバイクの下側にオイル漏れがないか確認しましょう。可能であればエンジンをかけさせてもらいましょう。すぐ始動しなかったり、ガラガラという音がしたら購入はやめましょう。

カテゴリー: バイクの購入 | タグ: | コメントは受け付けていません。

タンデムのやり方

タンデムとは2人乗りのことですね。
まずタンデムをするための条件として免許を取得してから
1年が経過してないと2人乗りはできません。

さらに2005年4月から高速道路でタンデムが可能になりましたが
高速道路でタンデムをしようと思ったら
年齢が20歳以上で
普通2輪免許または大型2輪免許を取得してから
3年以上経過していないとできません。

また排気量が125cc以上のバイクでないと
高速道路で2人乗りはできません。

あと注意が必要なのは、東京都の首都高速のように
未だに2人乗り禁止区間がある道路もあります。
違反すると反則金が12,000円取られるので注意しましょう。

タンデムをする時、後部座席に乗る人をパッセンジャーといいます。
パッセンジャーが乗車するときは、
両足をきちんとついてバイクを安定させましょう。

パッセンジャーのポジションは、
ライダーにくっつきすぎず、離れすぎずの位置で
ライダーの太ももからお尻の部分をひざでしっかり挟みましょう。
手は、腰に添えましょう。足はタンデムステップに載せましょう。

コーナリングでは、パッセンジャーはライダーの動きに極力合わせましょう。
勝手に逆の方向に体を動かされたりすると
バイクを制御できなくなる危険があります。
ライダーもカーブの手前でしっかり減速して余裕を持ってコーナリングしましょう。

タンデムをするときにライダーは、
常にパッセンジャーのことを気遣うことが重要です。

走行中は会話ができないので
肩を1回叩いたらスピードを落としてほしいとか
2回叩いたら止まってほしいという合図を決めておきましょう。

慣れてないと後部座席に長時間座るのがきついので
休憩も小刻みに取りましょう。

またタンデムになるとペースがゆっくりなるので
予定もツーリングの時より余裕を持った時間設定にしましょう。

カテゴリー: タンデム | タグ: | コメントは受け付けていません。